敏感肌と刺激の強い成分

 

敏感肌の人がファンデーションを選ぶときには、肌に刺激のある成分が入っていないファンデーションを選ぶようにします。
防腐剤や保存料は開封後の化粧品の参加や菌の繁殖を防ぐために配合されているのです。

 

防腐剤の仲には、パラベンという成分が使われており、防腐剤フリーと書かれているものの中にはエタノールの言う別のものが使われていることもあります。

 

お肌によっては、どちらかの防腐剤でお肌がヒリヒリしてしまうことがあり、パラベンを使っているからといってトラブルになるというわけでもなかったりするのです。

 

合成着色料は、旧厚生労働省がアレルギーなどの肌トラブルを起こす可能性があると定めた表示指定成分になっているので、注意する必要があります。

 

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収させ、化学反応を起こさせることによってUVカット効果を得るのですが、これもお肌の刺激へとつながるのです。

 

メトキシケイヒ酸オクチルなどが紫外線吸収剤として使われていることが多いのですが、紫外線を反射させて防止する紫外線散乱剤として酸化チタンなどを使用するほうがお肌に与える負担も少ないといわれています。

 

そのほかにも、お肌への刺激となる成分はまだあり、合成界面活性剤や合成ポリマーという成分もその中の一つになっています。
合成ポリマーについては、洗顔時にクレンジングでしっかりと落とさなかった場合、後々のトラブルにつながっていくと言われています。

 

たくさんあるファンデの中からお肌に優しいファンデーションを探す際はこのようなポイントに気を付けるとよいかもしれません。